安全運転の原則をおさらい

006241運転に慣れてくると、どうしても安全とは言えない運転をするようになる方も少なくはありません。教習所時代に習ったかと思いますが、自動車を運転するときには事故を起こさない巻き込まれないために安全運転5原則というものがあります。今一度見直して、安全運転を心がけましょう。
原則1、車間距離を取ることです。
自動車は急には止まれません。ブレーキを踏んだ時に速度に応じて停止距離は変わりますので十分な車間距離を取っていないと、前方の車が急ブレーキをかけたときに追突してしまう恐れがあるでしょう。
原則2、自車を認識してもらうことです。車買取相場表
000829自分の自動車が走行しているという認識を相手に与えることで回避できる危険もあります。例えばライトの点灯は早めに、死角になるような位置は避けて走るといった方法を取りましょう。
原則3、他車とコミュニケーションをとることです。
ここでのコミュニケーションは、ブレーキランプ、ウインカー、ハザード、クラクションなどです。こういった装置で会話の代わりに自車の意図を伝えてコミュニケーションを取る必要があります。
原則4、自己を保つことです。
運転中はイライラすることも少なくありません。しかし、そういった感情では事故を起こしかねないので、余裕ある態度で運転を心がけることが大切です。
原則5、心の準備をすることです。
運転に慣れると緊張といったものはなくなりますが、気が抜けた状態が一番危険です。常に起こり得る事態を予想しながら走りましょう。
重要なのは常に危険を予測して緊張を持つことです。そうすると事故を回避できる可能性が高まります。